top of page

北風と太陽(強揉み好きな人へ)


以前、私は指圧をしていた時、気がついた事がありました。それは、凝りがガッチガチの人にみられる共通点です。

  • マッサージをよく受けている

  • 激!強揉み希望

  • マッサージ中に、筋肉が無意識に反発

  • 凝りは悪化傾向

いわゆる『マッサージ師泣かせ』の人達です。普通、頻繁にマッサージでほぐしていれば

柔らかくなると思いがちですが。。。

実は、激強マッサージは、筋肉の防御が強くなって返って筋肉が緊張して硬くなります。

北風が旅人のコートを取ろうと強い風を吹かせるようなものです。

結果として施術者の強い刺激と被術者の筋肉反発の喧嘩のような状態になってしまいます。

これによって刺激に鈍感になった上、筋肉と皮膚も硬くなってくるので、

どんどん強い刺激が欲しくなる(ドラッグと同じですね)スパイラルに入ります。

本当は、強く揉むよりも、ツボに対して的確に当てられれば

最小限度の圧やストレッチで太陽のような気持ち良い刺激を入れれば筋肉は緩みます。

ただし、一旦ガチガチになって感じにくくなってしまった人には、ツボ自体が潜ってしまい当てることが難しくなっているので、直接ツボに刺激を入れることのできる鍼で緩める方法が効果的でしょう。


凝りを作る原因が、仕事だったり、ストレスだったり、姿勢だったりすれば、その原因を正すことが一番大切ということも押さえたいですね。

私は、どちらかというと原因を治療するようにしています。

そのほかにも、ピラティスだったり、ヨガだったり、整体だったりと身体に無理のない状態から緩めていく治療法が理想的と考えています。


閲覧数:50回0件のコメント

最新記事

すべて表示

痛み

Comments


bottom of page