top of page

春分 3/21 〜昼と夜が同じ長さ〜


この日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」として国民の休日とされています。

彼岸の中日

この日を中心として1週間がお彼岸です。「寒さ暑さも彼岸まで」とは言いますが、花冷えや寒の戻りがあるので暖かいと言っても油断は禁物です。昼夜の長さがほぼ同じ頃であり、この後は昼の時間が長くなって行く。


桜の開花

この時期は南の方から徐々に桜の開花が聞こえるようになり、日本各地にある桜の名所には多くの人が集い賑わうようになり、本格的な春の到来を実感しますね。コロナの影響でここ3年は卒業式・始業式が控えられていましたが、今年の春は桜をバックに久しぶりに季節感のある様々なイベントが見られそうですね。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page