東洋医学はシンプル

東洋医学は、実にシンプルです。


私達の身体は、生理的活動を通して様々なアンバランスが生じても、

シーソーの様に自力でバランスを整えて健康な状態を維持しています。


このバランスを整える範囲は、人それぞれ異なります。

そしてバランスが崩れると、様々な問題が生じます。




例えば、


生まれつき喘息持ちの人は肺のバランス、

食べ過ぎ傾向の人は脾胃のバランス、

精神的に不安定な人は心肝のバランスが崩れやすく、


自力でバランスを整えるキャパシティを超えてしまうと

体調を崩してしまいます。



東洋医学は、このアンバランスで不健康な身体を整え

健康な状態に戻す医学です。


熱すぎたら冷やし、冷えすぎたら温める。

足りなければ補い、過剰なれば瀉す。


治療はこのようにシンプルな考え方から施され、

バランスが整えば健康になります。


そしてこの法則は、どんな病気にも当てはまるのです。

閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示

痛み

気一元論