親の介護3 親の心、子知らず

更新日:2019年9月14日

母から出た言葉は、ショッキングな言葉でした。


私のやり方は母を追い込んでしまいました。


「ダメな母親で、ごめんなさい。。」


母は泣きながら私に謝るのでした。


そして、今まで抑えていた思いを私に打ち明けてくれました。。



最初に私に家の事を言われた時は、心配する私に感謝していた。

しかし、何度言われても片付けができない自分に情けなくなり、

私からは説教を受け、自分は馬鹿ではないかと思うようになった。

毎回私が帰国する時期になると、部屋が片付いていないので憂鬱になり、

次第に、私と会う事自体がストレスでしかなかった。


初めて母の思いを知った私は愕然としました。


母のためと思ってしていた事は、


喜ばれるどころか全く逆効果だったのです。


母の事を全くわかっていない自分に初めて気づかされました。

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示