​徹底した分析

身体の状態を理解するには症状以外にも様々な体から出ている信号を探る必要が有ります。東洋医学では、四診と言って聞診(聞く)・望診(見る)・問診(問う)・切診(触れる)によって体の信号を探る診断方法を使います。この四診を基に体の状態を詳しく分析する事で根本原因を特定できることができます。問題の根を特定する事でその時点での患者さんにあった最適な治療プランを導きだします。